香港碼頭日記

香港での生活を徒然なるままに、、、

「投資詐欺」と「虚構を信じる力」

www.sponichi.co.jp

お笑い芸人の投資トラブル。真相は不明だが、報じられている記事を読む限りだと本人も騙されてかなりの損失を被ったようだ。芸人仲間にも紹介して本人が仲介手数料を懐に入れていたのならともかく、こういう場合、芸能人だと被害者であっても随分な叩かれようだ。本来であれば騙した無登録業者たちが糾弾されるべきなのに、さすがに気の毒に思う。

無登録業者に大金を預けるなんて脇が甘すぎる、というのはご尤も。でも皮肉なことにきちんと金融商品取引業者として登録しているところよりも、無登録業者のほうが巨額の投資資金を集めてしまったりすることもあるのがこの業界だ。監督官庁は登録業者に対して事細かく指導しているのだが、こうした無登録業者に眼を光らせることは出来ないのだろうか。「悪貨は良貨を駆逐する」ことになりかねないように思うのだが…。

余談になるが、登録業者だからといって信用できるわけでもなく、ひと昔前には「AIJ事件」なるものがあった。いくつもの総合型の年金基金が運用成績の良さにつられて投資していたが、実は報告されていた素晴らしい運用成績は偽りだったという詐欺事件だ。このとき年金資産を受託していた投資顧問会社は一任業者としてきちんと登録していたし、元厚生省出身で某総合型の年金基金の運用理事を務めた人間が、退任後に投資コンサルタント会社を立ち上げ、そのコンサル会社がAIJの運用商品を推奨して回っていた。まあ、とはいえ資産運用の業界関係者内では「なんかあやしいよな」という噂はかなり前からあった。そのファンドの投資戦略・運用手法を実際の市場環境と照らし合わせたときに、何度も神がかり的なパフォーマンスを出していたりする(高リターンだけでなく損失回避も含めて)のが顕著だったからだ。でもはっきり「クロ」だという確証がある訳でもないのに同業者の変な噂を流すのもよろしくない、、、そんなふうにまともな登録業者が思っている間に騙される投資家が増えていったのだろう。

今回のケースは、素人を相手にした悪質な投資詐欺だとは思うが、それでも「こんなのに騙されるなんて…」とは安易に言えないなと感じる。いや「すごい会長しか触れない土地があって」とか、騙されるほうが愚かだというネタになっていて揶揄されているようだが、人間って意外と騙される、というか、より格好よく言えば『サピエンス全史』に書かれていたように「虚構を信じる力」を持っているから発展してきた側面があるのだと思う。

たしかに「すごい会長」ではないけど、会社組織だって「あの人は超優秀。あの人についていけば間違いない!」みたいなカリスマは至る所に存在するのではないだろうか。極端な話、その人が実はさほどすごくなくても(大抵の場合、噂ほどすごくないものだ)、周りが「すごい」と祭り上げることによって、結果的に集団をまとめあげてすごい力になることもあるわけだ。

で、結局何が言いたかったのか。騙される人を叩くのはやめましょうよ、むしろその「虚構を信じる力」はうまく生かせるかもしれないのだから。叩くなら人間の「虚構を信じる力」を悪用したひとのほうでしょ、と思った次第。

長洲(Cheung Chau)

長洲(Cheung Chau)…南丫島の西、ランタオ島の南東部にあって南丫島を二回りほど小さくしたような島だ。小さいけれどもフェリーの便数や漁船が多く、観光客向けの商店街も充実している。そしてなんといっても釣餌屋もあるという非常に便利なところだ。

長洲のフェリー乗り場側には漁船とおぼしき小さ目の船が密集している。

実は1年ほど前に長洲の南側にある五行石と白鰽灣に釣行したことがあるのだが、ひたすら根がかりし続けて散々な目にあったことがあり、それ以来「長洲」によいイメージを持てず避けてきた。でも最近知り合った釣りに詳しい人からキス釣りだったら手軽で釣果が期待できるのは長洲の東灣ということを聞き、久々に来てみた次第。

東灣はフェリー乗り場の反対側にあるのだが、反対側といっても直線距離で200mもないくらいアクセスがよい。ビーチになっているので海水浴場があったり、マリンスポーツを楽しむ人がいたりするので、そうした場所を避ける必要はあるが、海は穏やかだし根がかりも殆どないというなかなか良い釣りスポットだ。

東灣。海に向かって右側のほうには海水浴場があり、その左隣付近ではSAPやカヤックを楽しんでいる人達がいた。

結局昼前から2時間ほど投げて、キス2匹、コトヒキ1匹、クロサギ1匹。知り合いと一緒に手軽にキス釣りを楽しむにはうってつけのポイントだということがよくわかった。途中で地元のおばさんが結構な量のオキアミのパックを差し入れてくれるという嬉しいサプライズもあった。香港の人、優しい人が多いと思う。

あえてこの場所の難点をいえば、砂浜を散歩するひとが通り過ぎることが多いので、一応投げるときには注意しないといけないことくらいかな。まあこれだけアクセスが便利だと仕方ないのだけれど。

昼過ぎになった頃にせっかくだから長洲の北側も少し見てみようと思い、大貴灣まで北上した後、ハイキングトレイルを通って東灣仔と北角咀を見下ろせる北眺亭(North Lookout Pavilion)まで登ってみた。

北眺亭から北角咀を望んだ写真。このままハイキングコースを下っていくと海まで辿りつけそうなのだが、今回はやめておいた。

北角咀、東灣仔ともに遠目では釣りのスポットとしてなかなか良さそうな場所だと思ったのだが、炎天下のなかフェリー乗り場とは反対側のほうまでハイキングコースを下るという決断には至らず。14時発の高速フェリーで香港島までの帰路についた。

フェリー乗り場までの帰り道の途中にあった北帝廟。小さな島に、こんな立派な廟があるなんて意外だった。

早朝の釣行、そして読書など

真夏の釣りは早朝に限る、ということで本日は早起きして釣行。エアポート行きのバスA12に乗ると料金は少し高いのだが、6時過ぎに家を出て、6時半過ぎに青嶼幹線巴士転乗站に到着し、7時過ぎには花坪の碼頭で釣りをスタートできる。この手軽さは香港のよいところ。

花坪の碼頭。7時だとまだ日差しも強くない。

花坪の砂浜。徐々に日差しが強くなってきて、海からの照り返しもきつくなってきた…。

花坪の碼頭、砂浜、岩場の3カ所で計三時間ほど投げてみた。釣果はベラ4匹、コトヒキ4匹、クロサギ1匹。悪くはないが、やはり新しい魚種とか大物とか、新たな刺激がほしいというのが本音。砂浜で投げているときに本格的な釣り道具を持った老夫婦二組がいかにも慣れた感じで扒頭鼓のほうへ向かっていたのだが、どこまで行ったのだろうか。ひょっとしたら更に南下すると穴場があるのかもしれない。探検したいところではあるが、10時を過ぎると本格的に暑くなってきて体力も消耗してきたので無理せず退散。

昼前には香港島に到着。朝早かったのでさすがにお腹が空いた。ひとり飲茶でしっかり食べる。

気温は34.8℃…どうりで消耗するわけだ。日本はもっと暑いらしいが…。

孫文銅像がある中山紀念公園。さすがにこの暑さなので休日といえども人はまばら。

帰宅後は、シャワーを浴びて、クーラーのきいた部屋でのんびりする。最近は日系スーパーで売っている日本のアイスクリームを買って、ウイングチェアでくつろぎながら食べるのが至福のひと時だ。

からだの熱がおさまったので小一時間ほど昼寝。朝早かったから熟睡してしまうかと思ったが、それほどでもなく微睡む程度。

そのあと、積読状態になっていた『経済学の宇宙』(岩井克人著)を読んだ。貨幣が介在することによってセー法則が成立せず、本質的に資本主義経済が「不安定的」であること、ヒトでありモノでもある法人の研究を通じて行きつく「信任論」の話、貨幣の自己循環論法等々、興味深い話が比較的わかりやすく書かれている。ただ、岩井先生は「ポスト産業資本主義の時代とは、おカネが支配力を失っていく時代である」と言っておられるのだが、この点は若干懐疑的だった(自分としては「その点はよく分からないのでは」、という印象をもった。でもおカネが何をきっかけにしてどのように支配力を失っていくのかは非常に興味がある)。

あとがきで、学者としての人生は「没落」とご本人自ら書かれているのだが、それによる精神的な苦痛を救ってくれたものとして、ご自身の陽気で打たれ強い性格、ご夫人の言葉(「食べられればいいのよ」、「好きなことができていれば永遠に認められなくてもいいのよ」)といったことを挙げられていたことが印象深く、自分の心にも非常に響くものがあった。

焼き餃子

高校生の頃、漢文の参考書のコラムに「本場中国の餃子は水餃子が基本。焼き餃子は、古くなった餃子を使用人が食べるときに焼いていたのがその由来だ。」というようなことが書いてあって、それ以来、中華圏で餃子を食べるときは水餃子という意識を強く持っていた。それもあって焼き餃子が食べたいときは、日系スーパーに売っている日本の冷凍餃子を買って食べていた。なんといっても安いし、簡単だし、うまい。

それで十分満足していたわけだが、最近ふと街の手作り餃子の店が目に留まった。ひょっとしたらこの手作り餃子を買って、自分で焼いて食べてみればよいのではないか…こんなの当たり前すぎて、今となっては何年も気づかなかったのが不思議なくらいだが、この思い付きが見事に功を奏した。

焼き餃子。油をしいて適度に焦げ目がつくくらい焼いた後、少量の水を加えて蓋をして蒸し焼きにする。

肉厚の皮とたっぷり入ったニラ。日本の冷凍餃子の技術もすごいと思うが、やはり手作り生餃子のうまさは格別だった。この焼き餃子と白ご飯、卵スープとキムチで大満足。ごちそうさまでした!

会社帰りふらっと立ち寄って、ニラ餃子1椀(20個強で52香港ドル)を購入。これになぜか生麺がついて60香港ドルというセットのようだ。

洋風スープの素

このところ料理をするときに重宝している『基本調味料で作る体にいいスープ』。手軽に作れるスープが実に67種類も掲載されていて、毎回そのときの気分と余っている食材をベースに色々作ってみている。最近のヒット作はオニオングラタンスープ。耐熱容器に入れてオーブンで焼くというプロセスは省略したものの、それでも非常に美味しかった。

オニオングラタンスープを作るときもそうだが、この料理本を読んでいると時おり材料として「洋風スープの素」と書かれていて、素人としてはここで一瞬考えることになる。「洋風スープの素」とは何だろうか?、と。

正直なところ細かいことはよくわからないが、こんなときに「洋風スープの素」として重宝しているのが、金華ハム味のチキンキューブ。チキンキューブだがハム風味ということで、鶏なのか豚なのかどっちなんだい、となる訳だが、とにかくこれを入れておけば美味しいスープになるという逸品だ。

これが重宝している金華ハム味のチキンキューブ。これさえ入れておけば、いい具合に味が整ってくれるという優れものだ。

蛇の威嚇、そして六種目釣り

香港も連日暑い…。暑さのあまりハイカー達もまばらな季節だが、昼前になって釣行を決断。行き先は…手軽にアクセスできる割に魚影が濃い草灣碼頭周辺にした。先週は夕方になってしまったので探索できなかったが、余裕があれば扒頭鼓北灣へのアプローチも探ってみたかったのだ。

12時半前に青嶼幹線巴士轉乘站に到着。真夏のしかも真昼間だったが、扒頭鼓北灣を意識していたので今日は山越えルート(花瓶頂ルート)を選択した。

花瓶頂までは階段。登っても登ってもひたすら階段しか見えないという、真夏の真昼間には酷なルートだ。

花瓶頂からの眺望。登るのは大変だが、視界がひらけていて最高の景色が楽しめる。

花瓶頂まで登り切って、眺望を堪能して一息ついていたら…なんと蛇に遭遇。しかも明らかに敵意をむき出しにしてこちらを威嚇しているではないか…。

トレイルの真ん中に蛇!しかも完全にこちらを威嚇している…。

もちろん見ただけで毒性のある蛇かどうかわかる訳もなく、ただ咄嗟に頭をよぎったのは「万が一こんなところで毒性の強い蛇に咬まれたらヤバイ」ということだ。なんといっても、今日はそもそも一人もハイカーを見かけてないのだから…。刺激しないように距離を保ちながら恐る恐る脇を通らせてもらった(あとで調べたところ毒性の低い蛇だった模様)。

右側に見えているのがPenny’s Bayの検疫センター。この場所から左方面に下っていくと花坪石に着くのだが、扒頭鼓北灣へ行くには右方面に迂回する必要がありそうだ。

扒頭鼓北灣に向かうためにはどうやらかなり迂回してトレイルを進んでいく必要がありそうなことがわかり、蛇に遭遇したこともあって、今日は無理をしないことにした。探求心はあるものの、基本的に憶病な性格なので…。

今日の最初の釣り場は、花坪にある小さなサーフ。サーフの端(海に向かって右端)に小さな流れ込みがあって、何となくその流れ込みを意識しながら投げてみた。すると、良型のキス、コトヒキなどがヒット。やはりこの辺りは魚影が濃いようだ。

花坪にて久しぶりのサーフ釣り。すごく小さいサーフだけれど…。中央に見えるのは名も無き碼頭。

あたりも多いし、それほど根がからない。間違いなくいい釣りスポットなのだが、不思議なもので「ひょっとするともっと良い釣り場が近くにあるのでは」という気持ちがわいてくる。岩場を伝って、より奥の方(つまり扒頭鼓北灣の方面)へと進んでみることにした。

岩場を扒頭鼓北灣のほうへ向かった。遠くに微かにサーフらしくものが見えるが、このあたりが扒頭鼓北灣と思われる。岩場を伝っていけば辿りつくのだろうか?

岩場を伝っていく途中、本格的な格好をした若い釣り人をみかける。エギングをしているようだったが、イカがいるのだろうか。

岩が海に向かってせり出している場所を選んで投げてみる。サーフからみるとかなり沖のほうに投げているので、素人感覚だとなんとなく大物が狙えるような気がするのだが…現実はそんなに甘くなかった。魚のあたりはあるものの、むしろより小物が連発するという結果に。チャリコ、クロサギ、メゴチ、そしてエソ?(魚種不明)と魚の種類は豊富だったのだが、いずれもサイズは10~15cm程度。でも気づいたら、サーフで釣った2魚種を含めると、今日は6種目釣りを達成したわけだ。3時間ほどで合計10匹以上は釣れているし、なかなかの釣果といってよいかもしれない。

帰りは橋のたもとに向かうルートを選択。この分岐、左側の未舗装トレイルが橋のたもとへの近道だ。

夏の釣りの場合、強い日差しに照らされて体力を消耗したせいなのか、毎回帰りの疲労感が半端ではない。もちろんバス停に戻るルートは山越えではなく、橋のたもとに向かうルートを選択した。それにしても6種目釣りを達成できたのは嬉しいが、そろそろ大物を釣り上げたいものだ。そろそろ船釣りにチャレンジしてみるかな。

南丫島の「丫」

週末は釣りで南丫島に行くことが多いのだが、ふと「南丫島の”丫”ってなんだろう?」と気になって調べてみた。

南丫島くらいしか用例が思い浮かばなかったのだが、実は訓読みもあるようで、訓読みすると「あげまき」らしい(音読みは「ア」)。あげまきって何かというと、古代人の髪型だそうだ。そもそもは木の枝分かれを表した象形文字なんだとか。

南丫島の形状、たしかに色々と枝分かれしているので納得。

南丫島。こうしてみると枝分かれした形状が特徴的だ。