香港碼頭日記

香港での生活を徒然なるままに、、、

ポンジスキーム?

www.nikkei.com

このところ気になっているニュースといえば、ワールドカップの日本代表戦と、この暗号資産交換業者FTXの破綻に関する報道だろうか。普段は自分の資産運用など無頓着なのだが(まあ、実際のところは運用するほどの金融資産もさして持ち合わせてないので無頓着なわけだが)、資金を大量に集めて急成長してきたこの手の企業が、もしかするとポンジスキームによってビジネスを拡大させてきたかもしれない、という事件を耳にすると強く興味を惹かれる。「成功者が実は裏で悪事をはたらいていた(だからこそ成功できた)」というストーリーを確認することによって、自分自身どこか溜飲を下げているような下衆な根性もあるんだけどね。

そして日本の国内だとこんなニュースも。

www.tsr-net.co.jp

運用者は、ファッションの専門学校を卒業した後、FXトレーダーとしての才能を開花させたとか…。まあ、学歴とトレーダーとしての才能は必ずしも比例する訳ではないからその点は置いておくにしても、この合同会社の社員権というスキームで資金集めをしていたというのはきな臭い。そもそも、なぜパススルーでもない合同会社を使うのだろうか。実質的に集団投資スキームに該当することを、金商法の規制を逃れるために合同会社というビークルを利用してやっているようにしか思えないのだが…。つまり、この合同会社の社員権スキームって、金商法の規制をかいくぐりながら投資家から資金集めするのに適したスキームであって、投資家側からみた場合のメリットがあるようには思えないんだよなぁ。いつの間にか、こんなストラクチャーが集金システムとして出てきていたとはね。

まあ、さすがに金融庁もいつまでも放置しておくはずもなく、、、

www.fsa.go.jp

news.yahoo.co.jp

先月からようやく規制が導入されることになった模様。

しかし、資産運用にまつわるこうした詐欺のような話は、どれだけテクノロジーが発達しようが繰り返されるものだなと痛感する。結局、一発大儲けしてやろうという強欲な投資家と、同じく強欲な(しかも違法行為に手を染めることすら厭わない)詐欺師が存在する限り、時や場所を問わず同じような事件は起きてしまうのだろう。なので、せめてこうした詐欺事件に巻き込まれないだけの知識と理性を保てるようになりたいものだ。

では、そうした知識や理性をどうやって身につけるのか?一連の記事を読みながら、騙されないために留意すべきことについて少し考えてみた。

  • 資産の分別管理がしっかりなされているか?
  • 利害関係をもたない第三者が資産の評価や監査等に関わっているか?
  • ガバナンスの構造はどうなっているか?
  • グループ会社の資本関係、役職員のオーバーラップ等はどうなっているか?
  • 金管理の権限(入出金の手続き)はどのようになっているか?
  • ストラクチャーの適切性(ストラクチャーの意図:集金マシンか否か?)
  • 運用成績の妥当性(運用戦略と市場環境に則したパフォーマンスか?)
  • 天才/カリスマ運用者には注意すべき!

うまい儲け話などないと心得るべし。もしそんな話が転がり込んできたら、最低でも上記のポイントはしっかり納得できるまで確認すること。天才トレーダーとか、「すごい会長しか触れない土地!(今年の夏頃にあったな、そんな話)」とかいうのも、いかにも怪しい話ですって言っているようなものだ。

ポンジスキームの場合、市場環境が悪化すると表面化することが多い。当たり前の話だが、市場環境が悪くなってくるとパフォーマンスの良し悪しに関わらず換金する投資家も増えてくるからね。逆にみんなが積極的にリスクテイクしている局面では、新しいカモがどんどん入ってくる(資金を預けてくる)から、ポンジスキームが問題なく機能することになる。そうした意味では、足元の市場環境を鑑みるに、また近いうちに表面化するポンジスキームが出てきても不思議ではない気もするな…。

夜釣り

この日は船釣り仲間と一緒に夜釣り。釣り物はコロダイとのことで、19時半に西灣河を出航して深夜に戻ってくるプラン。前日の夜に、まだ定員まで枠があるとのことだったので、昔の同僚で釣り仲間も急遽参加することになった。彼は先日一緒に行ったランタオ島の花坪に単独釣行して、タコを釣り上げたとのこと。あの場所にはタコもいることがわかって驚きだった。徐々に釣りの魅力に取りつかれてきたかもしれない。釣りキチ仲間が増えるのは嬉しいことだ。

まずは友人と早めに西灣河で待ち合わせて腹ごしらえ(夕飯)。ネットで調べたチーズカレーオムライスが評判のローカル店に向かった。

華記士多。チーズカレーオムライスが有名な店。店舗の周辺にテーブルと椅子を並べて食事が出来るかと思いきや、テイクアウトのみとのこと。

テイクアウトのみというのは計算外だったが、店の人が椅子だけでよかったら貸してくれるとのことで、椅子を4つ並べて食事することにした。

チーズカレーオムライス(45香港ドル)。冷たい飲み物を付けるとプラス3香港ドル

うん、うまい。チーズとカレーとオムライス、まあうまいことは想像に難くない。かなりボリュームがあってこの値段というのはコスパも良し。

予定通り、19時半に出航。まずは対岸の三家村で釣り餌となる赤イソメ(紅蟲)を調達する。釣りスポットは、意外にも銅鑼灣から上環にかけての沖合いという非常に身近な場所だった。

ボートからの風景。香港の夜景を両側に見ながら釣り糸を垂れるのもなかなかよいものだ。

時おり大型フェリーが近くを通って波がくることがあったが、さほど揺れず船酔いの心配はまったくなかった。

肝心の釣果だが…、個人的にはギギ1匹のみ。みんな結構苦戦していたが、終盤になって今回初めての船釣りだった友人が、見事コロダイを釣り上げた!7人(プラス船長)のパーティーでコロダイはこの1匹のみ。あと目立ったところでは、イサキ1匹と名前を忘れたが銀色のカワハギのような薄い形の魚1匹といった具合で、みんなあまり釣果が上がらなかったのだが、まあ初めての夜釣りを経験できたのは何よりだった。

帰りは中環のフェリー乗り場で下ろしてもらって帰宅。コロダイを釣りたかったが、そう簡単ではないことがよくわかった。気長に粘り強くやっていこう。

好運の馳名豆花

香港スイーツは甘すぎないので結構気に入っている。家の近所の狭い路地を入ったところに小さな甜品屋さんがあって気になっていたのだが、これまで閉店していることが多かった。ところが最近は19時過ぎくらいであれば開いているのを見かけるようになった。

好運。ご夫婦でやっているのかな。狭いスペースで持ち帰りのみ。メニューも少ないが、人気店のようだ。

以前、名物(馳名)の豆花を注文しようとしたら売り切れだったのだが、今回は無事に購入できた。

馳名豆花、11香港ドル。シロップのようなものとオレンジ色の甘味料をかけて食べるのが一般的みたいだ。あっさりした味わい。

ボリュームがあるが豆花自体は甘くなくて、あっさりしていて食べやすいのでペロッといける。ご馳走さまでした!

昼過ぎから花坪へ

昨晩からくしゃみを連発し、鼻水がひどかったので熟睡できず…。少し頭も重いような感触だったが、風邪というよりアレルギーっぽい感じ。とりあえず朝一から釣りに出かけるような体調ではなかったので、しばらく安静にしていたが、徐々に回復に向かっているようだったので昼過ぎからランタオ島の花坪に釣行。アパートを出てバス停まで釣り竿をもって歩いていると店先で荷物の搬入作業をしていたおじさんに「どこで釣りするんだ?」と聞かれた。「ランタオ島」と答えると、「こんな時間からランタオ島に行くのか?」という反応。なるほど、やはりランタオ島まで釣りに行くときは早朝に出るのが一般的なのかもしれない。

バス停に行く途中の茶餐廳で炒飯で腹ごしらえ。例湯と凍檸茶をつけて51香港ドル

青馬收費廣場のバス停から釣り場まで歩く途中で、同じく釣り道具を持って歩いている若者と遭遇。少し会話をすると彼は草湾でイカ釣りをするとのこと。「だいぶ遠くまで歩いていくよ、30分くらい」と言っていた。草灣でイカが釣れるのであれば、ぜひ一度試してみたい。

本日の花坪。まだ少し暑いが、晴れていてなかなかの釣り日和。釣り人はあまりいなかったが、この日はハイカーをよく見かけた。

先週、キスは釣れなかったものの、なかなかのサイズのガザミや、新魚種も釣ることが出来たので、昨日の不調の憂さを晴らしたかったが…。3時間ほど粘ったものの、メゴチ1匹、キス1匹、クロサギ1匹といまひとつの釣果だった。うーん、残念。

夜にオンライン会議の予定が入っていたので、夕食はパスタにサバ味噌缶をかけた手抜き料理(手抜きだが、十分に美味しい)。ところが、先方が会議の日付を勘違いしていたようで結局キャンセルとなった。

知人お薦めのドラマ「逃亡者」をYoutubeで観て就寝。

煎魚灣

週末、久しぶりに早起きしてランタオ島の煎魚灣でサーフ釣りをすることにした。東涌までバス(E11)で行き、そこから大澳行きのバス(11番)に乗り換えて終点の大澳まで。そして煎魚灣まで1時間ほどトレイルを歩くという、アプローチがえらく大変なところだ。しかも帰りが夕方になってしまうと、大澳でバス待ち行列に巻き込まれるのでこのスポットはなるべく早い時間に行って早めにあがるのが吉。この日はなんとか9時前に大澳に到着することが出来た。

大澳の風景。背後には山があるが、街は海に面しており海産物を扱っている店が多い。

路上で魚を売っていた。かなり立派な魚も売っていたが、近海で獲れたのだろうか。

9時前だとまだ観光客も殆どおらず、開いている店もまばらだった。とりあえず朝食は地元の人たち御用達のこの店で。

今日の朝食はスパムのサンドイッチ(三文治)と凍奶茶のセット(32香港ドル)。見た目は寂しいが、サンドイッチのパンがふわふわでかなり満足度高かった。

とりあえず腹を満たしたので煎魚灣へ向かうことにする(昼食は、東涌でバスを乗り換えるときに近くのコンビニで総菜パンを購入しておいた)。

煎魚灣へ向かうトレイルはこんな風にかなり細くなっている箇所もある。大荷物での釣行には不向きだ。

前回来たのは今年の二月だったから、約9か月ぶりだ。最初の頃はキスが結構釣れたり、初マゴチを釣ることが出来たりしてお気に入りのスポットだったのだが、終盤は釣果があがらなくなり、アクセスの困難さもあいまって徐々に足が遠のいていった。でも久しぶりに来ると期待に胸が高鳴るものだ。

久しぶりの煎魚灣。天気は良好。風もさほどなく快適だ。この釣り始めるときの期待感・高揚感がなんともいえずよい。

この日の餌はアオイソメと、試しにイカの塩辛も使ってみた。肝心の釣果は…4時間近く粘ったて小さなフグ1匹とキス2匹(良型1匹)。ここまで来てこの釣果というのは正直かなり厳しい。海底のゴミ(布のようなものが多い)に針がかかってしまうことが多く、何度となく引っ掛かったゴミを釣り上げることになった。かなり悔しいが、まあこういう日もあるか…。

大澳に戻る帰り道に通る二澳旧村の風景。釣果はさっぱりだったが、こうした風景が癒してくれる。

早めにあがって帰りに佐敦の釣り具屋で釣り道具を補給。エギング用タックルのPEラインが、ライントラブルが頻発してしまい短くなったので新しいものと交換。0.4号とこれまでよりも細めにしてみた。ついつい大物がかかったときのことを考えがちで少し太めを選択する傾向があったのだが、まずそんな大物がかかることはないということをこの一年で身をもって学んだ。

帰宅してのんびりしていたら突然くしゃみと鼻水がとまらなくなった…。アレルギーか何かだろうか。釣り道具を補給したし、明日はリベンジ釣行をしようと思っていたのだがこんな具合だと明日の体調次第になりそうだ…。

鹿洲村(Luk Chau Tsuen)

このところ釣り場のマンネリ化が進行していたので、この日は久しぶりに南丫島へ釣行。南丫島でもあまり人が多くなくて、釣果がある程度見込める場所…と思案して、半年ほど前に行った鹿洲村に行くことにした。榕樹灣から1時間ほど歩く必要があり、ハイカーが多い榕樹灣~索罟湾を結ぶハイキングコースから少し外れた支線ルートの先にあるため、以前来た時には地元の人以外はあまり訪れない印象だった。

鹿洲村。半年ぶりに来ると意外と道のりも覚えておらず、初訪問に近い新鮮な感じがした。

鹿洲村には一部廃屋になったような建物もあるが、村民の人たちも普通に生活している。

本日の釣りスポットの碼頭。養殖のための囲いが奥にいくつか見えている。

前回は6月頃に訪問しているのだが、そのときは5~6cmほどのチャリコが餌とりして、結局あたりは多いが釣り上げるのに多少苦戦した記憶があった。でも、今の時期はチャリコはだいぶ大きくなって、もう少し沖のほうに行ってしまっているだろうから恐らく違った展開になるだろうと予想。

案の定、チャリコはまったくいないようだった。この日は立て続けにキスがヒット。途中から若い夫婦(カップル?)も同じ釣り場に来たのだが、恐らく3人で3時間足らずで10匹は釣ったのではないだろうか。ほかに釣れたのはメゴチ。この時期キスを釣りたければ、実はこの鹿洲村が穴場なのか…?

ちなみに相変わらず活き蝦も試してはいるものの、こちらの釣果はさっぱり。同じ場所で釣りをしていたカップルもアオイソメと活き蝦を餌に使っていたようだが、キスが釣れているのはアオイソメだった様子。活き蝦の場合、ミニクーラーボックス&エアーポンプに水を入れて運ぶという大変さがあるだけに、この状態が続くのであれば割に合わない…。まだまだ工夫が必要だな。

洪聖爺湾からみた発電所の三本煙突。この角度からだとほぼ重なっている。11月中旬だがまだビーチは海水浴客で賑わっていた。

11月も中旬になったが、この数日は日中は26~27℃と十分暑い。そろそろもう少し秋っぽくなってくれると過ごしやすいのだけれど…。

ガザミ

この日は釣り仲間二人と一緒にランタオ島の花坪へ。自分の自己流で開拓した釣りに付き合ってくれる貴重な釣り仲間なので、なんとか釣果をあげたいところなのだが、なかなか期待していたほどは釣れない…。今日は花坪で良型のキスを何匹か釣り上げたいところ。

しかしこういうときに限って、なぜか誰もキスを釣ることができない。このポイントでキスが一匹も釣れなかったことは記憶にないのだけれど…。昼前からスタートして夕方まで粘って、二人はカサゴやベラ等を3匹ずつ、自分はメゴチ3匹、カサゴ1匹、ネズミゴチ1匹、背中に黄色い斑点がある赤い魚1匹だった。

メゴチに似ているが、微妙に違う。調べてみたところおそらくネズミゴチ。やはり初魚種はなんであっても嬉しいものだ。

不思議なほどキスが釣れないなあ、と思っていると魚のあたりはないのになぜか釣り上げるときに重量感が…。藻かなにかかと思って引き揚げてみたら、なかなか立派なサイズのガザミ(ワタリガニ)がたまたま引っかかってきた。これは食べるしかない!

この日は釣りが終わったあと、三人で大角咀にある Da Vincenzoという雰囲気のよいイタリアンで夕飯を摂ったのでガザミは翌日の晩御飯になった。ちなみにこれまでは釣りが終わった後、海鮮中華などが定番だったのだが、ここのイタリアンは非常に良かった。おじさん三人が釣り道具を持って入るような雰囲気ではなかったけれど(笑)。友人のチョイスに感謝!

まな板の上のガザミ。しっかり汚れを落として、ビールに少し漬けておいた。

で、結局ガザミは翌日調理をして、見事にカニ鍋(味噌味)となった。カニの身を食べるというより出汁がしっかり出ていて絶品だった。

カニ鍋と白飯。これに納豆というシンプルな夕食だが、男性の単身者の食事ってこんなもんではないだろうか。

今回は偶然ガザミが釣れたわけだが、この釣りポイントは結構ガザミがいるような気がする(以前、魚籠にいれたキスが齧られていたことがあった)。今度はガザミ狙いの仕掛けで釣ってみるのも面白いかもしれない。