香港碼頭日記

香港での生活を徒然なるままに、、、

広東語

魚香茄子煲

日本で街中華の定番メニューといえば、麻婆豆腐や麻婆茄子。安くて美味しい麻婆豆腐や麻婆茄子が食べられる店が近所にないものかと思い、この日は石塘咀街市に入っている海鮮料理の店に入ってみる。 石塘咀街市の入口の右側にあるコミュニティセンター?のビ…

排(pai)

日曜日は天気が良かったので鴨脷排へ。先日、咀や洲の意味を調べて鴨脷洲(Ap Lei Chau)は島ということでよく分かるのだけど、では鴨脷排の排は?と思って調べてみた。どうやら排には並ぶという意味があるようで、たしかに鴨脷排は鴨脷洲と並んでいるのでし…

咀(Tsui)や洲(Chau)など

釣行すると地名に咀(Tsui)や洲(Chau)がつくことが多いので気になって調べてみた。どうやら咀は嘴(くちばし)、洲は島を意味するようだ。咀は嘴の形をした地形ということでしっくりくる。島に関しては、香港島や南丫島のように少し大きな島になると「島…

開心(Hoi Sam)

心を開くと書いて開心(Hoi1 Sam1)。広東語で「嬉しい」とか「楽しい」という意味だそうだ。広東語の学校で「楽しかった」と言うときに「好玩(Hou Wan)」を使ったのだが、先生から「そういうときは開心という表現のほうがいいかもね」と言われたので覚え…

相貌認識力

えらく堅苦しいタイトルになってしまったが、香港でつくづく実感するのは、近所の茶餐廳とかで店員さんが本当によく自分の顔を覚えているということ。外国人だからということもあるかもしれないが、それにしても街中ですれ違ったときに会釈してくれたり(マ…

方言字

広東語を勉強している。情けないくらい進歩しないのだが、片言でも香港の人たちと広東語でコミュニケーションがとれると嬉しいので、まあ細々と粘り強くやっている。学習していてわかったのは、どうやら広東語に特有の漢字というものがあり、一般的にこうし…