香港碼頭日記

香港での生活を徒然なるままに、、、

釣り

夏の洗礼を受ける

この日は朝から友人と草灣碼頭へ釣行。ちょうど自宅から草灣碼頭へ行くルートの途中に友人宅があるので非常に便利だし、バスに乗ってしまえば(多少トレイルを歩く必要はあるものの)すぐに到着するという利便性を考慮すると最適な釣りスポットと思ったから…

草灣碼頭

このところ香港はほとんど晴れ間がのぞくことはなく、曇りときどき雨という天気が続いている。週末だけでいいから晴れてほしいと思いつつ、それでもこの時期に晴れていると釣行のときに相当体力を消耗するだろうから、これくらいの天気のほうが体には負担に…

銅鑼灣にて仕入業務

週末の釣行に欠かせない釣り餌と釣り道具。釣り餌は大抵近所の猫ちゃんのいる釣り餌屋か、香港仔の東京屋で前日か当日に調達するのだが、それ以外の釣り針やおもり、ルアー等は定期的に釣具屋で買い貯めするようにしている。 特に釣り針はハリス付のものを愛…

暑い季節の釣り

香港に戻ってきて早速釣行三昧の生活を送っているわけだが、やはりこの時期最もきついのは蒸し暑さ…。しかも香港ではまだマスク着用が義務付けられているので(人がほとんど通らないようなトレイルでは外しているけど)、ちょっと遠出しようものなら冬の二倍…

鹿洲村(Luk Chau Tsuen)

天気は微妙だったが、まだまだ南丫島の釣りスポットを開拓しきれていないことに気づき、この日は中環のフェリー乗り場から榕樹灣に向かう。ハイキングや海水浴に向かう人達でフェリーは大いに混み合っていた。 目指す釣りスポットは洪聖爺泳灘(Hun Shing Ye…

北角咀(Pak Kok Tsui)

GWを利用して日本に一時帰国していたため、ブログの更新もすっかりご無沙汰してしまった。コロナ禍になって初めての日本だったので、少し不安(コロナ時代における同調圧力下のお作法的なものに対して…)だったが、結果的にはそれほど気にする必要はなかった…

哥連臣角砲台遺址(Cape Collinson Battery)

香港は最高気温が30度超えるようになり、そろそろ夏かと思いきや、この日は少し涼しくなったので過ごしやすい。天気は曇りだったので、朝から気合をいれて釣りに行く気分ではなかったものの、やっぱり少し釣りをしたいという気持ちになり、昼前から香港島の…

赤徑碼頭(Chek Keng)

土曜日は終日晴天の天気予報だったので、久しぶりに早起きして釣行へ。これまでアクセスの悪さからついつい足が遠のいていたが、香港で釣りをするのであれば外せないスポットである西貢(Sai Kung)を攻めてみることにした。 MTRで彩虹(Choi Hung)まで出て…

排(pai)

日曜日は天気が良かったので鴨脷排へ。先日、咀や洲の意味を調べて鴨脷洲(Ap Lei Chau)は島ということでよく分かるのだけど、では鴨脷排の排は?と思って調べてみた。どうやら排には並ぶという意味があるようで、たしかに鴨脷排は鴨脷洲と並んでいるのでし…

北角咀(Pak Kok Tsui)再訪

日曜日は昼前に思い立って、先週見つけた新たな釣りスポットの北角咀(Pak Kok Tsui)を再訪。天気はいまいちだったが、本当に釣れる場所なのか、どうしても再確認したくなったのだ。 行きは前回と同様、香港仔(Aberdeen)経由。香港仔発のフェリーを使うと…

北角咀(Pak Kok Tsui)

新しい釣りスポットを求めて南丫島の北側にある北角咀(Pak Kok Tsui)に初釣行。香港仔から小型フェリーで北角村碼頭に渡り、そこから15分ほど歩くと北角咀に到着する。ちょうど昼頃だったのでまずはおにぎりを食べて腹ごしらえ。すでに釣り人が4~5名ほど…

打亀(da gwai)

週末の恒例となりつつあるサーフ釣り。最近はほとんど釣果があがらず滅気そうになるのだが、凝りもせずにランタオ島に遠征する。まずは梅窩からバスで沙咀まで行き、ランタオトレイルに入って島西南部の大浪灣経由で分流を目指す。途中のトレイルで大浪灣で…

日落觀瀾亭(Jubilee Battery Pavillion)

今日は午後から香港島の西側にある日落觀瀾亭(Jubilee Battery Pavillion)でのんびりと釣り。堅尼地城からバスで10分少々、摩星嶺径のバス停で降りて海側の階段を5分ほど下ると到着する。 香港島の西側に位置していることもあって、名前の通り夕日を楽しめ…

芝麻灣周遊径

先週末は体調不良でサーフ釣りが出来なかったため、土曜の朝早くからランタオ島の芝麻灣半島に釣行。芝麻灣半島の南にある大浪灣が本日のメインスポット。アプローチの仕方はいつもの鹹田から望東灣経由の反時計回りではなく、芝麻灣碼頭から十塱水塘を経由…

鴨脷排(Ap Lei Pai)再訪

今週末はランタオ島で徹底的にサーフ釣りをやろうと思っていたのだが、金曜の夜中から頭痛と吐き気でダウン。香港ではこの一週間でコロナの感染者数が急増しているため、ひょっとしてコロナの可能性があるかも…と一瞬不安がよぎったが、経験上この頭痛と吐き…

鴨脷排(Ap Lei Pai)

天気もよくて暖かな日曜日、香港島の南に位置する鴨脷排(Ap Lei Pai)に行ってきた。MTRの利東駅で下車し、玉桂山という高さ200メートルほどの山を越えた先に砂州で繋がった小さな島がある。そこが本日の目的地の鴨脷排。 玉桂山は利東駅に隣接しており街か…

煎魚灣

このところ納得できる釣果があがっていなかったので、気合いを入れて早朝からランタオ島へサーフフィッシング。MTRで東涌まで行き、そこから大澳行きのバスに乗り込む。さらに大澳のバスターミナルから徒歩で1時間という、なかなかアクセス難な釣りスポット…

多忙な日曜日

珍しく忙しい休日を過ごした。まず朝一で三回目のワクチン接種。接種会場で偶然、新しいアパートの管理人に出会う。さすが香港人、マスクをしていても新しい住人を即座に認識。 その後は友人と釣り餌屋で待ち合わせて釣行。近場のケネディタウンで釣果を期待…

堅尼地城(Kennedy Town)

引っ越しの合間を縫って、近場で少しだけ釣り糸を垂らす。中環からMTRでわずか4駅、ケネディタウンが今回の釣りスポット。ケネディタウンというと欧米人向けの店が多くある、少し洒落たエリアという印象だが、実は意外と魚が集まってきて色んな魚種が狙える…

小棕林(Little Palm Beach)

意外と天気がもちそうな感じだったので昼過ぎから將軍澳の北東にある小棕林(Little Palm Beach)に初釣行。この付近は海を見下ろす場所に高級感のある邸宅がいくつもあって、ランタオ島のサーフの釣りスポット周辺とは全く趣きが異なるエリアだ。 小棕林海…

芝麻灣半島

曇りときどき小雨といういまいちの天気だったが、サーフで色々と試してみたかったので朝から釣行。今回は久しぶりに芝麻灣半島の南側にある大浪灣に向かった。 梅窩から大澳行きのバスに10分ほど乗って、老囲村の停留所で下車。そこから鹹田(Ham Tin)を経…

トレーニング

さすがに昨日のランガンの疲れもあって今日は休養日。朝方は曇天だったが、ゆっくり朝食をとった後、掃除をしていると少しずつ晴れてきた。そうなってくるとやっぱり釣りに行きたくなってくる。少し思案して昼過ぎから西營盤にある行きつけの店で飲茶をした…

ランガン!

釣りを始めて半年以上が経ち、少しずつ釣り用語を覚えつつある今日この頃。言葉というのは、聞いてなんとなく意味がわかるようになり(そのレベルだと自分ではうまく使いこなせなかったりする)、しっかり身についてようやく自分で使えるようになってくるよ…

探索活動(梅窩~芝麻灣)

1月2日(日)晴天。最高気温も20度を超え、絶好の釣り日和。ややスタートが出遅れたが、中環6号渡輪碼頭10時20分発の高速フェリーで梅窩(Mui Wo)へ。実はフェリーに乗る直前まで釣りプランが定まらなかったのだが、今日はリスクを冒して梅窩から芝麻灣(Ch…

大浪灣、そして年越しそば

香港で「大浪灣」というと、香港島の東側にあるDragon's Back(龍脊)という有名なハイキングコースの近くにある大浪灣をイメージする人が多いようだ。以前、ランタオ島の大浪灣に釣りに行くときに、ロッククライミングに出かけるという若者数名とタクシーを…

クリスマスも釣り

さすがにこの年齢で単身で暮らしていると、クリスマス気分もほとんどない。昨日行きつけのクリーニング屋のおじさんに「メリークリスマス」と言われたのと、今日の釣り用のランチとして稲荷ずしを購入したときに店員がサンタクロースの帽子を被っていたのが…

塞翁が馬

天気は曇りだったが、釣り餌もあるので朝から気合いを入れて大嶼山(Lantau Island)まで釣行。最近、釣果が芳しくないので、今日はなんとしてもキスを釣りたいと思い、芝麻灣半島の南側にある大浪灣まで足を運ぶ。大浪灣に行くためには梅窩(Mui Wo)から鹹…

金曜日の夜は

金曜日の夜、週末の釣りに備えて釣り餌を買いに最寄りの釣り具屋へ。寂れた路地裏の目立たない場所にあるのだが、店内にはいつもタバコを吸いながらご主人としゃべっている常連さんがいて、猫ちゃんが2~3匹常駐している、なんだかとても味のある店。 この…

ひとり飲茶、そして南丫島

香港に来たばかりのころ、おいしい點心を食べたくても、なかなか一人で行くのに良さそうな店を見つけることが出来ずにいた。まあ大人数で行くような店に単身乗り込んで食べるのもありなのだが、そういう店だとどうも落ち着かない。 そんな訳で試行錯誤の末に…

神楽院碼頭

2021年も残すところ1か月を切ったが、年末年始も特にイベントがあるわけでもなく、普段通りの週末を過ごす。 この日はランタオ島の愉景灣(Discovery Bay)から30分ほど歩いたところにある神楽院碼頭を訪れた。先月はここでキス釣りが楽しめたのだが、まだ十…